ブルーシュ

IT技術の勉強記録

ホーム > Tips > WordPress

ACFのテキストデータを表テーブル(table)に変換する

,

こちらの記事を、Advanced Custom Fieldプラグインのテキストエリアに応用してみましょう💡
プラグインなし WordPressで本文のテキストを表テーブル(table)に変換する
 

ACFの設定

ACFの設定画面
※一部項目を非表示にしています

フィールドタイプはテキストエリア、改行はなにもしないです。
入力方法を説明に書いておくと親切ですね。
1行ずつ改行してください。タイトルと内容を半角コロン「:」で区切ってください。と書いています。
 

データの入力

このように、1行ずつ、タイトルと内容を半角コロン「:」で区切って入力します。
見やすいように空白行を入れても大丈夫です。
ACFフィールドにデータを入力したところ
 

ソースコード

テンプレートファイルにはこのように書きます。

<?php

//データを取得
$field = get_field("会社沿革");

//連続した改行を取り除く
$field = preg_replace('/(\n|\r|\r\n)+/us',"\n", $field);

//1行ごとにtr、「:」でthとtdに区切る
echo "<table>
	<tr>
		<th>" .
		str_replace(
			array("\n", ":"),
			array("</td></tr><tr><th>", "</th><td>"),
			$field) .
		"</td>
	</tr>
</table>";
ACFのテキストデータを表テーブル(table)に変換する #WordPress #ウェブデザイン #ウェブ制作 #WEBデザイン #WEB制作 #ACF #AdvancedCustomFields

作者の似顔絵

秋田市在住のプログラマーです。
プログラミングを始めて18年、まだまだ日々勉強。調べたことをブログにまとめていきます。
記事の感想・質問・間違い指摘などはツイッター ( @blooshcompany ) へお願いします。