ブルーシュ

IT技術の勉強記録

ホーム > Tips > WordPress > Google API

WordPressとGoogle APIの組み合わせ

Google APIはWordPressと組み合わせることができます。

まずは、下準備として

をごらんください。

クライアントライブラリをアップロードする場所

Google APIの始め方の【3】でクライアントライブラリをアップロードしています。
WordPressと組み合わせる場合は、WordPressトップのディレクトリに空のディレクトリを作成して、そこにクライアントライブラリをアップロードします。
トップディレクトリとは、wp-config.phpなどがある階層です。
例として、googleapiという名前にしました。
WordPressトップディレクtリにGoogle APIのクライアントライブラリ用ディレクトリを作成したところ

セキュリティについて

この後、APIキーが書かれたファイルをアップロードすることになりますが、wp-config.phpにもデータベースのパスワードがあるので、この階層で良いだろうと判断しました。
ファイルやディレクトリのパーミッションは適切に設定してください。
参考:ファイルパーミッションの変更 – サポートフォーラム – WordPress.org 日本語.html
ここなら安心というわけではないので、気を付けましょう!

動かし方

実行プログラムのファイルもまた、先述のgoogleapiディレクトリにアップロードします。

例として、sample.phpというファイル名とします。
呼び出す際は、このように書きます。

include(ABSPATH . 'googleapi/sample.php');

トップのディレクトリのフルパスがABSPATHです。これで、テーマフォルダ内のfunctions.phpでも、page.phpでも、どこからでも呼び出せます。

サンプルコード

その他、サンプルコードやGoogle APIに関するTIPSなどの一覧ページはこちら
Google APIに関する記事一覧

WordPressとGoogle APIの組み合わせ #Google API #ウェブデザイン #ウェブ制作 #WEBデザイン #WEB制作

作者の似顔絵

秋田市在住のプログラマーです。
プログラミングを始めて18年、まだまだ日々勉強。調べたことをブログにまとめていきます。
記事の感想・質問・間違い指摘などはツイッター ( @blooshcompany ) へお願いします。