ブルーシュ

IT技術の勉強記録

ホーム > Tips > WordPress

lightgallery.js v1 基本の使い方

, , , ,

lightgallery.js Ver1の話です。Ver1とVer2があり、商用利用する場合はVer2は有料です。
lightgalleryに関する記事一覧はこちら
Ver1公式サイトはこちら
Ver2公式サイトはこちら
 
Ver2の使い方解説ページはこちら
 
 

プラグインを手に入れる

まずは公式サイトからlightgallery.jsのプラグインをゲットします。
画面右上のタブもしくは「View on github」をクリックしてgithubへ。
ZIPでダウンロードします。

必要なファイルは、基本的には

です。
minがついてるのは内容は同じですが、より軽量です。手を加えないならこちらを使いましょう。
 
他に、サムネイル機能を使うときは

です。画像をクリックして大きくしたとき、下部に他の画像を小さく表示するための機能です。

 
また、同じページ内に複数ギャラリーを設置するときは

が必要です。
 

ファイルをアップロード

ダウンロードしたZIPフォルダを解凍したら、WordPressを設置しているサーバー上のトップ/wp-content/themes/該当テンプレートディレクトリの中に、必要なファイルをアップロードします。

こんな感じ。
imgfontsはディレクトリごとアップロードしてください。
 

読み込みの設定

静的サイトの場合

<head>
	~~~
	<link type="text/css" rel="stylesheet" href="css/lightgallery.css" />
</head>
	~~~
※bodyタグ閉じる直前
	<script src="js/lightgallery.js"></script>

	<!-- ↓追加機能を使う場合は、lightgallery.jsの下に読み込む -->
	<script src="js/lg-hash.js"></script>
	<script src="js/lg-thumbnail.js"></script>

	<script src="js/lg-conf.js"></script>
</body>

lg-conf.jsはlightgalleryを実際に動かすための設定ファイルです。
後ほど新規作成します。
 

WordPressの場合

functions.phpに書きます。


function my_enqueue_scripts(){
	wp_register_style(
		"lightgallery-css",
		get_theme_file_uri("css/lightgallery.css")
	);
	wp_enqueue_style( 'lightgallery-css' );

	wp_enqueue_script(
		"lightgallery-js",
		get_theme_file_uri("js/lightgallery.js"),
		array(),
		false,
		true
	);
	wp_enqueue_script(
		"lg-hash",
		get_theme_file_uri("js/lg-hash.js"),
		array("lightgallery-js"),
		false,
		true
	);
	wp_enqueue_script(
		"lg-thumbnail",
		get_theme_file_uri("js/lg-thumbnail.js"),
		array("lightgallery-js"),
		false,
		true
	);
	//実際に動かすための設定ファイル
	wp_enqueue_script(
		"lg-conf",
		get_theme_file_uri("js/lg-conf.js"),
		array("lightgallery-js"),
		false,
		true
	);

	//style.cssでlightgallery.cssを上書きする場合は、第三引数に指定
	wp_enqueue_style(
		"style",
		get_stylesheet_uri(),
		array("lightgallery-css"),
		filemtime(get_stylesheet_directory())
	);
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_scripts' );

lg-conf.jsはlightgalleryを実際に動かすための設定ファイルです。
後ほど新規作成します。
style.cssの前にlightgallery.csslg-thumbnail.jsなどの前にlightgallery.jsを読み込むのがポイントです。
 

HTMLマークアップ


<div id="gallery">
	<a href="img/pic1.jpg">
		<img src="img/pic1_thum.jpg">
	</a>

	<a href="img/ic2.jpg" data-sub-html="キャプション">
		<img src="img/pic2_thum.jpg">
	</a>

	<a href="img/pic3.jpg" data-sub-html="キャプション">
		<img src="img/pic3_thum.jpg">
	</a>
</div>
 

気付いたこと
aタグにしていますが、ulなど他のタグでも可能とのこと。
aならhrefに大きい画像のURLを指定。
display:noneの要素も中身にimgタグを書かないと表示されない。
●キャプションはalt属性でもtitle属性でもなくdata-sub-htmlで。
もしかしたらタグや属性の相性によって違うかもしれません。

lg-conf.jsで実際に動かす

lg-conf.jsという名前のファイルを新規作成してください。ファイルの中身は以下のとおり。

//まずはこれだけでも動く
lightGallery(document.getElementById('gallery'));

とりあえずこれだけでも動きます。
FTPで、先ほどのjsディレクトリにアップロードしてください。
 

その他の動作事例・サンプル

いろいろなタイプのアルバムや、Welcart・Advanced Custom Fieldsプラグインとの組み合わせなど、たくさんあるのでぜひご覧ください。
タグ:lightgallery.js 一覧ページへ
 
その他、公式サイトにデモがたくさんあるので参考にしてください。
Gallery with animated thumbnails ・・・ サムネイル付きギャラリー
 
下記、動作サンプル

lightgallery.js v1 基本の使い方 #WordPress #ウェブデザイン #ウェブ制作 #WEBデザイン #WEB制作 #JavaScript #ギャラリー #軽量化 #画像 #lightgalleryjs

作者の似顔絵

秋田市在住のプログラマーです。
プログラミングを始めて18年、まだまだ日々勉強。調べたことをブログにまとめていきます。
記事の感想・質問・間違い指摘などはツイッター ( @blooshcompany ) へお願いします。